【放送事故】24時間テレビで富士山に登頂させられた両足マヒの子がどつかれているのが映る

杨大凯 2021/04/04 告発 コメント

そんな状況でも挑むということで
相当ガッツのある意志の強い子なんだろうと
思っていました。

ハンデに負けず

今回挑戦するのは
菊池 奏仁(そうじ)君12歳。
彼は3年ほど前にあったサッカーの合宿中に
転落の事故に遭い、
両足がマヒする状態になってしまう。

その後の懸命なリハビリを乗り越え、
足を少しずつ動かせるようになった奏仁君。

そんな彼が、あの富士山を登るというのだから
彼の度胸には頭が上がらないなあと思っていた。

いよいよ、登頂に向けて出発!!!

しかし私はちょっとずつ
何かがおかしいと思い始めた。
コンディションがどう見ても
危なっかしいのではらはらする。

何せ、
気温は 9℃も降っている。
その中での挑戦というのだから、
大人でも過酷な状況で

しなければならない。
何故、止めないのだろう?

それでも企画は進んでいく

よくよく二人の表情を見ていると
明らかに強張っている。
テレビの企画だからやらなきゃ、
という思いもあるのでしょう。

朝7時に一家と、
レスリング選手の浜口京子さんも同行して

1合目からいざ、出発。

ただでさえ過酷な中、
子供たちも懸命に歩き続ける。
だが奏仁君は何度も悲痛な表情で
足の痛みなど体の不調を訴えている。

挑戦するというのは確かに
良い経験にはなると思うが、
だからといって
本人の状況をほとんど考慮に入れないのは

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも