「私を綺麗に修正して!」世界19ヶ国に画像加工を依頼すると、国ごとの”綺麗”の基準が衝撃的だった…19枚

杨大凯 2021/04/04 告発 コメント

ヒロミ : (雑誌を開いて)うわーっ!!!
誰かと思ったら人気モデルのMだ☆

せきちゃん : 知ってる知ってる♪
最近、人気上昇中だよね^^

ヒロミ : 本当に美肌だしスタイルもいいし
羨ましすぎる(><)
だからって気を張っちゃいかんよー。。

美について考えたことありますか?

美については

特に女性は敏感な方も多いはず。
私はかつてはかなり無頓着でした。。。。とほほ^^;

ジャーナリストのPriscilla Yuki Wilson(プリシラ ユキ ウィルソン)さん。
黒人と黄色人種(日本人)のハーフで、バイ・レイシャル(2人種)として生まれ、
それがきっかけで
社会が作り出す「美」とはどういうものか、向き合って

考えることが多くなったそうです。

この際は思い切って

その基準について自分の目で確かめたい!

そう考えた彼女はある実験を試みます。
何と、自分自身の写真を18カ国+EUに送り、
フォトショップを使って美しく加工してもらうよう
依頼をかけたのです。

多角的に見てみよう

もちろん、国によって文化は異なる。
そこに着目し、
美しさがどのように変化するのか
いざ、見ていきましょう☆

っとまずはオリジナルから。

引用元:https://academic-box.be/archives/88627,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも