【愕然】20代は2240万円の損!?→ これじゃ年金払いたくなくなるのも当然だわ・・・

年金の世代間格差が大きすぎる・・・

少子高齢化が進行する日本では、「世代間の支え合い」の仕組みをとっている年金制度が存続できるのか、不安視する声も出ています。

65歳以上の高齢者1人を支える15歳から64歳までの生産年齢人口の数で見ると、1950年時点では12.1人で高齢者1人を支えていました。

それが2000年は3.9人で高齢者1人を支え、2020年には2.2人で1人、2050年は1.5人に1人になると試算されています。

このまま少子高齢化が進むと年金の収支は悪化するため、若い人は今の高齢者のように年金をもらえないと言われていて、それを実際のプラスマイナスで表したのがこちら!

50代以降はマイナス!20代はマイナス2000万円超! インフレ・デフレの影響もありますが世代間格差が酷すぎますね・・・

これでは若者が年金を払いたくなくなるのは当然です。これに対し、年金を管轄する厚生労働省は…

厚生労働省の主張

このような年金の世代間格差の指摘に対し年金を管轄する厚生労働省は、国民年金や厚生年金などの公的年金制度は、現役世代が受給世代を扶養する「世代間扶養」であり、

「本来、個人や世代の差による損得を論じる性質のものではありません」

と主張しています。

個人的には完全に『逃げの主張』にしか聞こえないのですが…

世代間格差が生まれるのはしょうがないにしろ、それがあまりに大きすぎるとネットでは指摘されています。

また現行制度の疲労を指摘する人も多く、このままでは収支が悪化して支給開始年齢が70歳、75歳と遅らせられるのではないかとの不安も出ています。実際、選択制とはいえ70歳支給開始の話はすでに出ています。

ただ、受給を遅らせると支給額が増えるというのは、必ずしもそうとは限らないので、ミスリードと言えるでしょう。

ネットでは根本的に制度を作り直すべきとの声あがっています。

あなたはこの世代間格差、どう感じますか?

ネットの反応

・30年後には役人が75歳に開始にしてるだろ

・50代でもマイナスってどうしようもないな…

・できれば払いたくないがサラリーマンだから逃げられない

・あんま貴重な若者虐げるなよ

どうせ菅義偉総理は『自助』を掲げているのですから、いっそのこと年金制度を廃止して現状の確定支給額を一時金で国民に配布した上で、あとは「自助努力で積み立ててください」とすればいいのではないでしょうか。

そうでもしないと、もう無理かもしれません。

引用元:http://m-plus.club/archives/13570,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも