【※涙腺崩壊】息子が生後3ケ月で妻が死亡!20キロ激痩せの清水アナが辞職を決意した理由に日本中が涙・・

清水健アナウンサー

皆さんは、読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」をご覧になった事がありますか?

今回は、この番組に以前レギュラーで出演されていた清水健アナウンサーとご家族のお話をご紹介します。

結婚おめでとう!

清水健アナウンサーは2013年5月、この番組で出会い交際していた同番組スタイリストである奈緒さんとご結婚。

さらに翌年の2014年3月には奈緒さんが妊娠。

愛する人との間に子供を授かり新しい家族の誕生待ち望む日々、二人は幸せいっぱいだったことでしょう。

しかし、その翌月….

左胸に深刻な乳がん

4月30日、ひょんなことから奈緒さんの左胸に深刻な状況の乳がんが見つかったのでした。

皮肉なもので、妊娠がなければ奈緒さんはしっかりとした乳癌治療や手術を受け、完治を目指せる・・・

ほとんどの病院が子供の命を諦め、治療に専念するよう勧めました。

しかし、二人の出した選択は「家族3人で生きる」という事。何件も病院を巡り、やっと「治療をしながら出産」を受け入れてくれる病院を探し出しました。

妊娠中の手術

5月19日、奈緒さんは癌治療のための手術を受けます。

この頃には奈緒さんはもう妊娠5ケ月・・・

安定期に入っているとはいえ、妊娠中の手術なんて身体への負担を考えると尋常なものではなかったはず。子供の命と自らの命のを守るためとはいえ、身体的に辛い日々が続いたことでしょう。

無事出産!

10月、なんと奈緒さんは元気な男の子を出産!

普通は、出産だけでも大変な大仕事。

にもかかわらず、深刻な癌を患い治療を続けながらの出産・・・

奈緒さんの精神力!!

しかし、大変な出産を終えた奈緒さんに、更なる残酷な現実が襲ってきます。

現実はなんて残酷なんだ・・・

奈緒さんは出産を無事終え、可愛らしい宝物を授かった二人は幸せの絶頂にいました。

「あとは、奈緒さんの治療が終われば・・・!!」

しかし出産を終えた二週間後、二人は医師から絶望的な言葉を聞く事に。

「奈緒さんの癌は、肝臓・骨・骨髄にまで移転している。」

「もって、3ケ月でしょう。」

出産を終え、まだ日が浅いにもかかわらず、奈緒さんは辛い抗がん剤治療の日々に耐えなければなりませんでした。

しかし、病状は悪化する一方。

夫である清水さんは、 奈緒さんの「治療」を中断し、「緩和処置」に切り替えるという辛い決断をするしかありませんでした。

「番組の休養」

奈緒さんに残された時間はあとわずか。

この事を痛感した清水さんは「家族の介護」を理由に番組の出演を休養することに。

それから9日後の2015年2月11日、奈緒さんは帰らぬ人となりました。

29歳でした。

『112日間のママ』

清水さんは奈緒さんの通夜・葬儀が終わった直後、奈緒さんが亡くなってわずか8日後、仕事に復帰します。

さらには、奈緒さんとの日々を綴った 『112日間のママ』を執筆、その著書の印税でがんの撲滅などを支援する 「一般社団法人 清水健基金」を設立。

20キロの激痩せ・・・

アナウンサーの仕事をする傍ら、「一般社団法人 清水健基金」の運営や講演活動・・・

多忙を極めた清水アナウンサーは、これが原因で体重が20キロも激減!

視聴者からも心配の声が多数寄せられるようになりました。

「アナウンサーをやめよう」

愛する息子と一緒に過ごす時間がとれない。

忙しさにに心が荒み、息子の前で心から笑えなくなってしまった。

このように考えた、清水アナウンサーはアナウンサーを辞める事を決意します。

「三回忌を前に、がんの撲滅や、入院施設の充実に取り組む事業を支援する活動に専念させて頂く事になりました」

「もう後悔はしたくない」

清水アナウンサーのこの決断は、私達にも「本当に大切なものは何か?」を考えなおさせる良いきっかけになったのではないでしょうか?

清水アナウンサー、愛する息子さんと幸せな時間を過ごして下さいね♪

記事作成にあたり、『112日間のママ』清水健著 小学館 を参考にさせていただきました。

引用元:https://academic-box.be/archives/26194,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも