育ちが良い人は絶対にしない!?「育ちが悪い」人がする14の特徴的行動。。

jingwen 2021/01/26 告発 コメント

「育ちが悪い」人がする特徴的行動って

どんなことでしょうか?ここでは14の例を見てみたいと思います。

1.言葉遣いが悪い

女性でも『お前』『~だろ』など言葉遣いが悪い人は多い

他にも半疑問形(『~じゃね』)や『パネェ』のような学生言葉は、「育ちの悪さ」を示す良い例。社会に出たら意識して控えたいもの。

”言葉遣いが悪いのは親の躾(しつけ)のうちに入っている”

2.箸の持ち方がおかしい

食事をすると、その人の育ちが分かる

その代表例が「箸の持ち方」。

”箸の持ち方は育ちが出る部分といわれている”

3.クチャラー

百年の恋も冷める「クチャラー」

周囲を不快にさせてしまう「クチャラー」。「育ちが悪い」という印象を与えてしまう。

”意外に本人は音を立てていることに気づいていないことが多い”

4.魚の食べ方が汚い

魚の食べ方も育ちが分かる

魚の食べ方がきれいだと、「育ちが良い」という評価を受ける。逆に魚の食べ方が汚いと「育ちが悪い」と思われてしまいがち。

”魚を食べさせると、その人の「育ち」が分かる”

5.場の雰囲気をわきまえない声の大きさ

TPOに合わせた声の大きさを

センシティブな内容を話す際に、TPOをわきまえず大きな声で話す人は「育ちが悪い」「デリカシーがない」と思われても仕方がない。

”状況がわきまえられる人はそういう意識を持ち合わせているので、TPOに合わせて声の大きさを調節する”

6.大きな音を出す鼻のかみ方

音を出して鼻をかむ人は注意

音を立てないようにしたいところ。「育ちが悪い」と思われても仕方がない。

”鼻をかむときに思いっきり音をたてることはマナー違反”

7.咳・くしゃみをする際に手を添えない

手を添えるのは最低限のマナー

意外とできていない人が多い「咳・くしゃみのエチケット」。手を添えないと飛沫を周囲にまき散らすことに。

”育ちが悪い人は咳やくしゃみのとき手を添えない”

8.ゴミのポイ捨て・道に唾を吐く

「育ちの悪さ」が一番出やすいポイントでもある

道をゴミ箱代わりにしてはいけない。

”ポイ捨ては、育ちや子どもの時の教育が根底にある”

9.貧乏ゆすり

知らず知らずに出てしまう「貧乏ゆすり」

周囲からは「育ちが悪い」と思われているかもしれない。

”人目もわきまえずに「貧乏ゆすり」をしているような方とのお付き合いは遠慮したいもの”

10.歩きながらの飲食

歩きながらの飲食はケースバイケースだが…

例えば原宿や歩行者天国、お祭りなど、歩きながらの飲食が許容されるシチュエーションもあるが、一般的には好ましいものではない。

”歩きながら食べることは育ちが悪い”

11.人前で化粧をする

賛否両論が多い「人前での化粧」

人前での化粧は賛否両論があるものの、できれば控えたい。

”そもそもメイクは人前に出るための身だしなみであり、人には見せない「裏の努力」”

12.生活音が大きい

人に「ガサツ」だという印象を与える

例えば、オフィスでカバンをドンと置いたり、扉をバタンと閉める、公共の場で携帯をマナーモードにしないなど様々なパターンがある。

”生活音がうるさい(がさつな)人は、育ちがガサツ”

13.人の悪口を言う

愚痴はほどほどに

人の悪口を言う人は「育ちが悪い」という印象を他人に与える。

”親や家庭が、物事を「誰かのせい」にすることを当たり前の生活環境であるなら、子の育ち方も知れる”

14.店員に対する態度が悪い

店員に対する態度は見られている

やはり育ちの良し悪しを計るバロメータになる。

”店員さんに横柄な態度を取る人は育ちが悪い”

コメント
好きかも