【感動】同じ境遇で保護された、おっとり子猫とヤンチャな子猫。大親友になった子猫達は、生涯の家で最高の毎日を過ごし始める!(引用 エウレカ! - Eureka -)

rui 2020/09/04 告発

「子猫はその日、ずっと家の住人に見守られていましたが、母猫は二度と戻ってきませんでした。家の周りにはコヨーテが出ることがあったため、このまま屋外に置いておくのは危険なことでした。そこで住人は子猫を保護して、私達の施設へと連れてきました」と養育ボランティアのアシュリー・ケリーさんが言いました。

子猫は『ダリ』と名づけられ、アシュリーさんの家で養育されることになりました。アシュリーさんがダリに哺乳瓶でミルクを飲ませてあげると、ダリは物凄い勢いでミルクを吸い始めたそうです。そしてお腹がいっぱいになるとアシュリーさんの手の中で丸くなって、ゴロゴロと喉を鳴らし始めました。

それから数日の間にダリの耳はピンと伸びて、全身の毛がフワフワになりました。

ダリはすぐにアシュリーさんのことが好きになり、アシュリーさんが部屋に入ってくるたびに甘えるようになりました。

「私はこれまでこんなに静かで、大人しい赤ちゃんを見たことがありません。ダリはあまり身体を動かそうとしないため、私はいつも食事が終わると、彼に運動するように促しました。でも彼はすぐに丸くなって、私の膝の上で眠り始めました。」

 

アシュリーさんは子猫の発達に同じ年齢の友達が必要なことを知っていたため、ダリに別の場所で保護された子猫を紹介することに決めました。

実はダリが保護される少し前に、『レミー』という名前の子猫が保護されていました。レミーはダリと同じように、庭で助けを求めているところを発見されました。

アシュリーさんがレミーの養育主のジェン・マーダーさんにダリの話をすると、ジェンさんはためらうことなくダリを受け入れることを決めました。

レミーはイタズラ好きの性格で、何か伝えたいことがあるとすぐに大きな声で鳴き始めました。レミーは保護された時は病気を患っていましたが、ジェンさんのおかげで数週間後には完全に身体が回復したそうです。

 

レミーはいつもそばにいてくれるジェンさんのことをお母さんだと思っているようで、抱っこに満足するまでジェンさんを部屋から出そうとしませんでした。レミーはいつもジェンさんが来たことに気づくとすぐに甘え始めて、決して「ノー」と言わせませんでした。

レミーはいつもエネルギーに溢れていて、常に忙しそう動き回っていました。「レミーは哺乳瓶と格闘し、食事の前に哺乳瓶に登ろうとします。彼はとってもヤンチャな性格で、好奇心に溢れた男の子です。」

そんな元気いっぱいのレミーは、一緒に遊ぶことのできる友達を必要としていました。そしてレミーの健康問題が完全にクリアになると、ついにダリがレミーの家へとやって来たのです。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません