【涙腺崩壊】東日本大震災で9000人もの住民の命を救った娘。民宿を経営する幸せそうな夫婦の笑顔の裏に隠された悲しい記憶。

東日本大震災から10年

今年で東日本大震災から、10年が経ちました。

被災した方々は、この10年間をどのような思いで過ごしてきたのでしょうか。

今回は、ある夫婦を紹介します。

宮城県・南三陸町

宮城県の南三陸町には、遠藤清喜さんと妻の美恵子さんが自宅近くの高台に建てた小さな民宿があります。

「1日1組限定」で、2014年7月にオープンしました。

民宿の店名「未希の家」の由来には、とても悲しい理由がありました。

遠藤未希さん

当時24歳だった遠藤未希さんは、両親のそばにいられるように専門学校を卒業後は地元の町役場に就職したそうです。

そして、2010年に結婚して彼女の人生は順風満帆のように思えましたが、あの悲劇が彼女を襲ったのです。

2011年3月11日

2011年3月11日、東北地方に大きな地震が発生しました。

当時、危機管理課に所属していた未希さんは、住民たちに避難をさせるために防災無線で呼びかけました。

「津波が襲来しています。高台に避難してください。」

住民を助けたい!

未希さんは住民を避難させることに使命感を感じて、先輩だった課長補佐の三浦毅さんと必死に呼びかけました。

予想された津波の高さが6mから10mに引き上げられてもなお、この無線は止みませんでした。

このような状況でも、冷静な声で避難を呼びかける声。

後ろからは「未希ちゃん、上がって」と避難するよう促す声がかかります。

それでも最後まで、2人は住民に避難を呼びかけたのです。そして‥

町役場も津波の被害に

引用元:https://academic-box.be/archives/55495,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも