長良川でBBQ後に川遊びをし溺れて亡くなった18歳男性。その男性に対する世間の声が・・・

2020年5月5日の午後、岐阜県関市の長良川にて友人と川遊びをしていた名古屋の10代後半の男性が溺れ病院に搬送されるも亡くなった件について、これに対する世間の声が冷たすぎると話題になっています。

確かに男性が新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間を当事者たちが守らなかったのは事実ですが…

長良川でBBQ後に川遊びをし18歳男性が溺れ亡くなる

5月5日の午後、長良川の河川敷でバーベキューをしていた名古屋市在住の会社員・松崎一さん(18)が川で遊んでいた最中に溺れ病院に搬送、その後死亡が確認されました。

松崎さんは高校時代の同級生ら8人と正午ごろから長良川で楽しんでいたそうですが、このうち5人が川に入って遊んでいたとところ、松崎さんが首くらいの深みにはまり流されたとのこと。

岐阜県では現在、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、河川敷でのバーベキューや水遊びの自粛を呼びかけている最中。それにも関わらず、松崎さんを含む9人の友人たちは構わず遊んでいたことになりますが、GW期間中での野外活動におけるトラブルが続出している状況です。

この件に関して、世間の声は・・・

亡くなった男性に対する世間の声が冷たすぎる!?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急事態宣言が発令、外出自粛が呼びかけられている中でもそれを守らず、長良川で友人とレジャーを楽しんでいたことに関しては松崎さん側に非があることでしょう。

しかし、これに対する世間の声が思いのほか冷たいことが分かります。

その世間の声として

「なんで親が止めなかったんだ」「遊びたい気分は分かるけど今は我慢するべきだったよ」

といった客観的な批判であるならまだしも、

「医療関係者に迷惑」「あれだけ外出自粛が呼びかけられているのに、亡くなったことを全く気の毒だとは思わない」「病室も空きがないはずなのに助ける価値なんてない」

といった心無い意見も目立ち、現在の日本は実に殺伐としていることが分かります。

このように、長良川でバーベキュー後に川遊びをし溺れ亡くなった松崎さん側に対しかなり冷たい意見が目立つのが現状です。

もちろん外出自粛を守らずレジャー活動をしていたことに対しては同情できませんが、批判をするにも言い方というものがあるのでは?と思えてなりません。

イライラするのは理解できますが、死人に鞭打つようなことが蔓延すると、世の中はますます殺伐としてしまいます。あなたはどう思いますか?

引用元:http://m-plus.club/archives/9002,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも