住宅火災で消化活動を続ける中、消防車に近づく1匹の犬の姿に涙を抑えられない【引用kwsklife】

楊大凱 2021/03/07 告発 コメント

住宅火災で消化活動を続ける中、消防車に近づく1匹の犬の姿に涙を抑えられない…

突然発生した住宅火災

南米チリの街、テムコで2012年9月のある日、突然住宅火災が発生しました。消防士たちはすぐに現場へと駆けつけます。

彼らが現場に到着した時、家屋はすでに激しく炎上しており、真っ赤な炎と黒煙が立ち上っていました。消防隊はすぐさま応援を要請。

住人を非難させ消火活動を続ける中、隊員たちは現場で驚くべき光景を目にすることになります。

消火活動が一段落付き、救急車へと戻ってきた隊員の1人がよろめきながら消防車へと近づいてくる一匹の雌犬を目撃しました。

消防車に近づく1匹の犬の姿に涙を抑えられない

口にはまだ生後間もない子犬をくわえています。

雌犬は毛は所々が焼け縮れ、煙のすすで黒く汚れていましたが、子犬は元気な鳴き声を上げていました。よく見ると消防車にはすでに別の子犬がいました。

雌犬はくわえていた子犬を消防車の中に乗せると再び煙がくすぶる家屋へと向かって行きます。そしてしばらくすると別の子犬をくわえてまた戻ってくるのです。

それは、燃えさかる家屋の中から子犬たちを助け出すたくましい母犬の姿でした。

母犬は家と消防車の間を行ったり来たりするのを繰り返し、子犬たちを安全と思われる消防車に一匹ずつ運んでいたのです。

5匹を運び終えた母犬は、消防車に乗り込み、疲れた様子で子犬たちを守るようにしながら座り込みました。

消防士たちは大切そうに子犬を抱きかかえる母親の姿に涙を抑えることができなかったといいます。

その後、5匹の子犬とアマンダはすぐに獣医師のもとに運ばれました。残念ながら子犬の一匹はやけどがひどく亡くなってしまいましたが他の4匹の子犬と母犬は治療を受けて回復し、親子そろって元気に暮らしているそうです。

突然発生した住宅火災の中、わが身を顧みず5匹の子犬を救い出した母親。その勇気ととっさの判断力に感動せずに入られません。

ネットでの反応

・私達人間は動物から学ぶべき事が沢山ありすぎます!

・今の時代、人よりも動物のほうが母性愛が優っているのでしょうか。

・人間の親も見習った方がいい人いるよね是非親とは何かを見習おう!!

引用元:https://kwsklife.com/residentialfire-dog/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも