ガキ使のタイキックの人の正体…実はとんでもない経歴の持ち主だった【引用元 kwsklife】

楊大凱 2021/04/11 告発 コメント

ガキ使のタイキックの人の正体…実はとんでもない経歴の持ち主だった…

毎年の年末恒例のガキの使いの笑ってはいけないシリーズを楽しみにしている方は多いのではないでしょうか?

毎年お約束のココリコ・田中さんが受けるタイキックですが、今回はその際、タイキックする人がミニドラマにて「タイキックさん」と表現されていました。

そんな「タイキックさん」ですが実は超スゴい筋金入りの経歴の持ち主だったとツイッター上で話題になっています。

ガキ使のタイキックの人の正体

毎年ガキ使でタイキックをしているこの方の正体はムエタイの選手だそうです。

本名:ハーカム・ナロンパットリングネーム:トースー・ナ・ノンタチャイニックネーム:SO(ソー)年齢:40〜50歳程度職業:ムエタイジムのトレーナームエタイトレーナー歴:30年

元ムエタイの選手で現在はムエタイジムのトレーナーをされています。ハーカムさんはさらにすごい経歴の持ち主でもあるんです。

ハーカムナロンパットさんの経歴は

・ムエタイ200戦以上・元ラジャダムヌンスタジアム1位・ムエタイトレーナ歴30年

とその道では超一流の人。そりゃ痛いに決まってますよね・・。

ガキ使以外にもお尻にタイキックするお仕事もあるようです‥

営業活動もしていた

ムエタイはかなり歴史の古いタイの伝統的な格闘競技の1つなので罰ゲームに使われるのは心中微妙なのでは…と思いましたがこうしてSNSにアップしているのを見ると意外と楽しんでるのかな?とも思います。

ただこのタイキック、プロのものをまともに受けると痛いどころでは済まないようです。

なので番組ではそれなりに手加減をして行なっているようですね。

引用元:https://kwsklife.com/gaki-tiekick/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも