【号泣】メーターは1200円だが、運転手は「料金は600円」理由に涙が溢れる【引用元academic-box.be】

楊大凱 2021/03/21 告発 コメント

タクシーに乗った際の出来事だった

みなさんも荷物が重い時や突然雨が降った時

などにタクシーを利用しませんか。

最近は初乗り料金が安くなったので

利用回数も増えたのでは?

タクシーに乗った際にお話上手な

運転手さんと会話が弾むことも

ありますよね。

今回はある方がタクシーを乗った際の

出来事が話題になっているので

ご紹介しますね♪

タクシーに乗った人は?

ある日、流雲(@kimu_ryu0921)さんは

仕事中にタクシーを利用しました。

流雲さんいわく運転手さんは、よく話す

おじいちゃんだったとか。

タクシーに乗ると世間話に始まり、

ある話題になった時に流雲さんは

思わず涙をこらえることが出来ず…

一体、その話題とは?

その話題って?

運転手さんが話してきた話題とは

愛する奥さんの話でした。

奥さんとの馴れ初めとかを

話してきたのではありません。

実は奥さんはある病で亡くなった

そうです。

奥さんを苦しめた病とは?

奥さんの病とは?

運転手さんが言うにはある日、奥さんが突然

「腰が痛い!」といい出したので

病院に行くことに。

病院で診察してみると、奥さんは膵臓がんと

診断されたそうです。

それから奥さんは1週間後に、他界され…

当時のことを振りかえった運転手さんは

「何もできなかったんですよね…。」

と流雲さんに言ったそうです。

運転手さんが質問してきた

運転手さんの話を聞いていた流雲さんに

「その時、何を思ったと思う?」

と質問してきたそうです。

しかし流雲さんはまだ若いということもあり、

妻が亡くなる時に何を思ったのかを

想像することが出来ずにいました。

何か答えようと考えた結果雲さんが

「短い人生だったな、とかですか」

と運転手さんに答えると、運転手さんは…

笑いながら答えた内容は?

引用元:https://academic-box.be/archives/40114,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも