これはタメになる! 男の子と女の子の育て方の違い7選【引用元academic-box.be】

楊大凱 2021/03/21 告発 コメント

育て方の違い

待望の赤ちゃんを迎えて、初めての育児の方はもちろん、上の子の時はこの対応でうまくいったのに性別が違う下の子の場合はうまくいかない、そんな悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、男の子と女の子の育て方の違い7選を紹介します。少しでも参考になれば幸いです。

1.転んだ時

もし子供が転んでしまった時、男の子の場合は「こんなの平気でしょ?」と優しく肩をポンポンする程度で過剰に構わないようにします。

逆に女の子の場合、特に顔に傷が残らないか心配するため、「大丈夫?」と優しく接して絆創膏などで手当をしちゃうものです。

2.一緒に買い物に行った時

まだ小さい子供達を連れて買い物をするのは、本当に大変ですよね。

男の子の場合は、目を話すと自分が興味を持った場所に向かっていくので、安心できませんよね。

女の子の場合は買い物を手伝ってくれる子も多いので、楽チンですよね。そんなママの姿を見ながら育っていくのでしょうね。

3.叱られた後の反応

やんちゃな男の子がいる家庭は叱られるようないたずらをする場合も多いので、ママもパパも大変です。

それで両親が叱った後の反応は、男の子の場合は叱られた時は「ごめんなさい」と謝りますが、反省しているのはその時だけ。すぐにまた同じことを繰り返してしまいがちです。

ショック!

女の子の場合は、普段は優しいパパやママに叱られた後、ショックを受けてしばらくは「どうしたら怒られないようにできるかな?」と反省します。

そのため、同じようなことで叱られる頻度は減っていくようです。

4.遊ぶ時

男の子の女の子では遊ぶときにも違いがあります。

男の子の場合は、友達と元気に走り回ったりして外で遊ぶのが大好きです。ただゲームやスマホの普及で最近では少し減ってきているような印象もあります。

その一方で‥

インドア派

女の子の場合は静かに家の中で遊ぶのが好きな子が多く、お人形遊びや塗り絵、お菓子作りなどをしながら過ごしていた女性も多いのではないでしょうか?

時代が移り変わっても、あまりその辺は変わらないのかもしれません。

5.パパから

パパは息子と野球やサッカー、アウトドアなど一緒にやってみたい!と思う方も多いようです。中にはまるで息子を大切な相棒のように接する方もいます。

その一方、女の子の場合はまるでお姫様のような扱いをしてしまって、ついチヤホヤしてしまいます。

6.その日の出来事

その日の出来事について男の子に聞いても、「知らない」「忘れた」などの返答が多く、あまり答えたがりません。

一方、女の子の場合は学校や友達のことなど、パパとママと共有したくていろんな話をたくさんしてくれます。

7.言い訳

いたずらなどをして見つかった場合、苦しい言い訳をしてくる子もたくさんいます。

男の子の場合は、嘘をつくのも恐ろしく下手なので言い訳が思いつかなかったり、すぐバレるような嘘をつきます。

その一方で‥

女の子の場合は言い訳が超得意で、パパやママと対等にやりあってくるので、いいくるめられてしまうこともあります。

そうなると、いつのまにか叱る気も失せてしまいますよね。

動画でチェック

今回は男の子と女の子の育て方の違いを紹介しましたが、共感した方も多かったのではないでしょうか?

引用元:https://academic-box.be/archives/83017/6,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも