ガチでヤバい!生放送で起こってしまった放送事故!【引用元academic-box.be】

杨大凯 2021/03/21 告発 コメント

生放送の場合は編集ができないので、たまに放送事故が起きてしまいますよね。

すぐにカバーできるものなら良いのですが、それがきっかけで炎上してしまう場合もあります。

そこで今回は、ガチでヤバすぎる生放送での放送事故を紹介します。

1.絶妙なタイミング

 

日本テレビ系で放送されている番組『news zero』で、嵐の櫻井翔さんが選挙関連のニュースをお伝えしている時でした。

「希望の党に期待できるか?」という質問に対して、タイミングよく「ゼ〜ロ〜」との音声が!

あまりにも越妙なタイミングで、悪意があるようにも見えてしまいますよね。

2.映りたがり

今年9月に関東に台風が上陸した時の生中継では、執拗にカメラに映り込んでくるピンク帽子の女性が!

テレビカメラはその女性を避けるように向きを変えますが、それでも意地になったように移動して映り、ネットで話題になっていました。

一体、何ものなのでしょうか。

3.間違っちゃった

フジテレビ系の情報番組『めざましテレビ』に出演した上白石萌音さんは、めざましじゃんけんにチャレンジ。

本当ならグーを出さないといけないのに、間違ってパーを出してしまいました。

間違った後の表情も可愛いので、問題なしではないでしょうか。

4.ベイベー

日本中央競馬会の人気騎手だった後藤浩輝選手は、インタビューの時のなぜか「ベイビー」を連発していました。

後藤浩輝選手は2015年2月21日に落馬して頚椎捻挫、その6日後に自ら命を絶ってしまいました。

5.VR体験

フジテレビ系の『とくダネ』に出演した菊川怜さんは、スタジオでVR体験をすることに。

映像の世界なのですが、まるで現実に起きているように見えるので、思わず絶叫してゴーグルを投げつけてしまいました。

6.今日、夕方には

NHKの『ニュースウォッチ9』で、田中寛人アナウンサーが「今日、夕方には」を6回ほど繰り返してしまう放送事故が。

かなりの緊張があったにも関わらず、表情を変えずに伝えようとする姿は、さすがプロですよね。

引用元:https://academic-box.be/archives/93282,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも