【一瞬ドキッとした!泣きそうになったキャッチコピー!】神戸女学院大学「女は大学に行くな、」のメッセージに泣きそうになったと反響→胸を打つ広告はいかにして生まれたか【引用元academic-box.be】?

杨大凯 2021/03/21 告発 コメント

一瞬ドキッとする!?

みなさんは電車に乗っている時や、

ホームで電車を待っている際に、

広告は見ませんか。

たまたま目に入った広告のキャッチコピー

に「一瞬ドキッとしてしまう」ことも

ありますよね。

心を打つメッセージとは?

今回話題になっているのは、関西在住の方には

お馴染みのお嬢様女子大学とも言われる

「神戸女学院大学」のある広告が話題に!

誰もがその広告を最後まで読むと感動

すること間違いなしの内容になって

いるんですよ!

こちらが神戸女学院大学が2018年4月から

掲出している電車内広告です。

広告の中でも「女は大学に行くな、」

という第1文につい目が行きますよね。

広告の前半部分には…

・女は専業主婦が当然

・女は寿退社が前提

などといった女性がいかに

選ぶ選択肢がないといったことが

わかりませんか。

女性が大学に行く理由とは?

広告の続きを読むと、女性は時代とともに

とりまく環境が変化し、選択肢が広がって

きたことも書かれています。

だからこそ、逆に現在はさまざまな迷いに

直面することも増え、それらを解決するために

「学び」を通して見えてくることもあるとも

解釈できますよね。

最後まで読むと…

最後まで読むと、こちらの広告には

「女は大学に行くな、という時代があった」

という1文であることが分かるように

なっています。

今の時代に生きている若者からしたら

考えられない一文ではないでしょうか。

なぜこのような広告を掲載することになったのかを

引用元:https://academic-box.be/archives/59524,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも