在宅中なのになぜか不在票を入れられた…コールセンターに電話したら宅配業者の闇が垣間見える…

楊大凱 2021/03/13 告発 コメント

宅配が来る予定の日。

夕方指定にして部屋で待っていたら、玄関からゴソゴソと言う音がした。

玄関に行ってみるとなぜか不在票。急いで外に出たら走り去る軽ワゴン…

呼び鈴の音はしなかったので呼び鈴が壊れたのかと思い、呼び鈴を押したら大きな音がけたたましくなる…

すぐさま不在票に記載されている電話番号に電話をしたところ、コールセンターにつながった。

電話の相手に

と頼んだところ、

と言われた。

と伝えたところあたふたして上司に確認して折り返しますと言われ電話を切った。

電話がかかってくる前に再度子供達にも手伝ってもらって、呼び鈴の確認をしたが鳴らない事はなく、けたたましく鳴り響く…

そんな事をしていたら電話がなり、管理者と言う方からの電話だった。そして、管理者から衝撃な一言が…

配達人をかばう管理人

管理者と言う方からの電話がかかってきた。

その管理者が言うには

と伝えられた。

そこで我が家の呼び鈴の音はすごく大きいし、折り返しの電話の前に呼び鈴の電池が切れたのかと思い、何度も押して確認したけどそれは無かった事を伝えた。

それでも配達人をかばう管理者。

気持ちは分からなくも無いので、

と尋ねたらようやく配達人の証言が嘘だと分かったようで、

と言ってくださった。

数分後また電話が鳴り先ほどの管理者からすぐに戻って配達するように伝えたとの事を聞き礼を述べて配達を待った。

その数分後…

突然鳴り響く呼び鈴

すぐさま扉を開けると驚いた顔をしていた。

扉が開けられて驚いたと言う訳ではなく、呼び鈴の大きさに驚いていたようだったので、

と言うと

壁を蹴って帰って行った…

あまりにも腹がたったのでまたかかってきていた管理者に電話をし、今あった事を伝えた。

そしたら

と謝罪をしてくださった。

先ほどの配達人の言葉を思い出すと実際風呂は使われていた。子供の人が風呂に入っていたからだ。

たぶんその風呂の音を聞いてどうせ出ないだろうと思って、呼び鈴も鳴らさずにいたんだろうな。

と後から考えたら思った。

嘘をついた配達人

保身の為だろうけど嘘をついた配達人は余計に自分の首をしめたよね。

軽ワゴンって事は業務委託とかでやっているんだろうし、代ぐらいの男性だったんだけどホントこう言うの多い。

この地域だけじゃなく他のところに住んでた時もそうだったからその配達業者は使いたくない。送ってもらう立場だと選べないから困るよね。

今とは違う土地で同じ業者で同じようなことをされたから、会社の体質としてそうなのかも?と思わざるを得ないですよね。

前の時は違う方が持ってきてくれて

と言われ、鳴らしてもらったらちゃんと鳴って

と言われましたが、

我が家がブラック扱いされてる事をかなり後になって、その会社で働いてるママ友に聞かされた時には調べるとこのように在宅なのに不在票を入れられた人が沢山いました。

その理由に宅配業者の闇が見えてきました。

ドライバーによっては運ぶのがめんどくさい荷物の場合は不在として翌日のドライバーに回すテクニックを使うのかもしれませんね。

コメント
好きかも