危険!猫に与えてはいけないNG食べ物【獣医監修】(引用元pacoma)

Hisasi 2020/09/09 告発 我要评论

チョコレートやネギなど人間がふだん口にしている食べ物のなかには、猫が食べてはいけないものがたくさん!そこで、獣医師の服部幸さんに「猫に危険な食べ物」を教えてもらいました。あわせて、猫におすすめな食べ物もご紹介します。愛猫のためにぜひ知っておきましょう。、

【危険】猫に与えてはいけない食べ物

NGな食べ物 症状 チョコレート 下痢、嘔吐、異常興奮、震え、発熱、痙攣など ネギ類
(タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラなど) 貧血、呼吸困難、血尿、嘔吐など アボカド 嘔吐、下痢、痙攣、呼吸困難など アワビの肝 光線過敏症による腫れやかゆみなど 生の豚肉 嘔吐、下痢、血便、呼吸困難など カフェイン飲料(緑茶、コーヒー、紅茶) 異常興奮、動悸、不整脈、嘔吐など アルコール 下痢、嘔吐、震えなどの急性アルコール中毒の症状 キシリトール入りのガムやタブレット 血糖値の低下、嘔吐など ブドウ・レーズン 犬の場合、腎臓病の原因に。
猫への影響は未知数なので避けるべき

人間の食べ物の中には、猫が食べられるものもあります。ただし、食べると中毒症状や中には死に至る危険な食材もたくさんあるので、注意が必要です。

ここでは、猫に絶対与えてはいけない食べ物をリストアップ。その中でも、猫が誤って食べがちな食べ物について服部さんに教えてもらいました。

 

【猫に危険な食べ物1】チョコレート

© PIXTA

カカオに含まれるテオブロミンという成分が中毒症状を引き起こします。
摂取後1〜2時間ほどすると興奮状態となり、下痢や嘔吐、発熱などの症状が見られます。

重度の場合は死に至ることも。カカオ含有量が高いチョコレートほど猫にとっては危険になります。

 

【猫に危険な食べ物2】ネギ類

© PIXTA

長ネギやタマネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウなどのネギ類には、猫の血液中の赤血球を壊してしまう成分(アリルプロピルジスルフィド)があり、摂取すると貧血や呼吸困難、血尿などの症状が出ます。
加熱しても毒性はなくなりません。

 

【猫に危険な食べ物3】アボカド

© PIXTA

猫が食べると、アボカドの果肉に含まれるペルシンという成分によって中毒症状が起きます。
主な症状としては、嘔吐や下痢、呼吸困難など。

中毒症状が出る摂取量や致死量などについてまだ明らかになっていないだけに、配慮が必要な食べ物です。

 

【猫に危険な食べ物4】生の豚肉

© PIXTA

生の豚肉にはトキソプラズマという寄生虫が潜んでいる場合があるので、加熱済みのものが安心。

万が一、感染すると嘔吐や下痢、血便などの症状が見られ、猫の便を介して人にも感染します。妊婦に感染すると胎児にまで影響が及ぶので要注意。

 

【猫に危険な食べ物5】カフェイン飲料

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
用户评论
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません