【批判殺到】レターパックプラスを受領印無しで強引に郵便受けにねじ込まれ破損させられた!→ 郵便局側「賠償はしません」

yaorui 2021/08/25 告発 コメント

2020年5月に、とあるTwitterユーザーが日本郵便の「レターパックプラス」の郵便物が受領印ももらわず無断で郵便受けにねじ込まれていたという投稿をしたことで、郵便局側に批判の声が相次いでいます。

「レターパックプラス」は基本的に配送中の事故でも損害賠償は行われませんが、今回のケースはあまりにも悪質であることからユーザーも相当怒っており、Twitter上でも郵便局に対しての批判が殺到しました。

「レターパックプラス」がボロボロになった状態でねじ込まれていた?

5月16日のとあるTwitterユーザーの投稿が話題になっています。

該当のユーザーいわく、日本郵便の「レターパックプラス」の郵便物がボロボロになった状態で入っていたとのこと。「レターパックプラス」は宅配便のように郵便物を手渡しすることが条件ですが、配達員がこれを守らず、無断で郵便受けに入れたのだとか。

こちらがTwitterに投稿された写真ですが、荷物があまりにも無残な姿になっていますね。雨に濡れたことで商品が破損してしまっただけではなく、郵便受けにねじ込まれたことで、さらなる破損をしてしまった模様。

ユーザーは郵便局に問い合わせましたが、残念ながら損害賠償は行われないとの回答だったとか。

「レターパックプラス」は基本的に配送中の事故への損害賠償は行われないものの…

さらにユーザーによれば、該当地区の郵便局が「無断で郵便受けにねじ込んだことに関してはその過失を認めている」というものの、やはり「賠償はできない」と言われてしまったとのこと。

これに関してはユーザーも当然ながら納得するわけもなく、また多くのネットユーザーたちも郵便局側に批判を寄せています。

「レターパックプラス」はゆうパックとは異なり、全国一律で配送ができるのが魅力的。ただその分、配送途中の事故も止むを得ない場合もあるでしょうが、それはある程度ユーザーも承知のこと。

しかし今回はあまりにも破損具合がひどいことと、配送員の故意の過失があったことで、郵便局側も「改めて対応を検討する」としています。

なお、当該の配達員には懲戒処分が下されたとのこと。

まとめ

「レターパックプラス」のあまりにもひどい破損に加え、配達員の対応も不誠実だったとのことで該当のユーザーがご立腹になっている件で、郵便局に対し批判が殺到しています。

基本的には配送中の事故があったとしても補償はなされないとしても、今回は配達員側の意図的な過失があるため、配達員の処分は当然としても、やはりユーザーに対しても賠償をすべきなのでは?と思えてなりませんね。

引用元:http://m-plus.club/archives/11783,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも