山口智子が子供を作らない理由…秘められた強い信念に勇気づけられる【引用kwsklife】

杨大凯 2021/03/13 告発 コメント

山口智子が子供を作らない理由…秘められた強い信念に勇気づけられる…

山口智子が子供を作らない理由

1995年に結婚し、今年結婚20周年を迎える 山口智子さんと唐沢寿明さん夫婦

お二人の関係はとても睦まじく、誰もが憧れを抱く 理想の夫婦像としてよく挙げられます。

そんなお二人の間に子供はおらず、当時は 不仲説や仮面夫婦などの様々な憶測が立っていました。

そんな山口智子が子供を作らない理由を女性誌「FRaU(フラウ)」のインタビューで語っています。

政府の少子化問題などを考えれば、それはわがままなのかもしれません。

しかし、結婚したら子供持つものという常識。

そこに大きなストレスを抱える女性は少なくありません。山口智子さんのこの勇気ある発言は多くのそういった女性に元気を与えました。

山口は「私はずっと、『親』というものになりたくないと思って育ちました」と衝撃の告白をしている。

「子供のいる人生」とは違う人生を歩みたいとする理由を、「私は特殊な育ち方をしているので血の結びつきを全く信用していない」と語り、栃木の老舗旅館の一人娘として祖母に育てられた環境をあげている。

長い間子供ができなかった山口智子さんと唐沢寿明さん。

不妊治療をしているのではと囁かれていましたが、 子供を持たないと言う選択をしていたようです。

その選択が正しいのか正しくないのか倫理的な問題になるのかもしれません。

しかし、子供を持つことが立派な大人のような常識に一石を投じた気がしますね。

賛否両論あったものの現代社会では 肯定的な意見勇気づけられた人も多かったようです。

きっと子供が出来たら山口智子さんはいいお母さんになったような気もします。

ただ、この山口智子さんの勇気ある発言は何か 肩の力を抜いていいんだよと励ましてくれるような気がします。

山口智子さんの生い立ち

山口さんの栃木県内にある実家は江戸時代から続いている老舗旅館「鯉保(こいやす)」。

老舗旅館を経営する両親の長女として生まれた山口さん。

両親は旅館の経営で忙しく、 遊び相手はいつも祖母であったそうです。

山口さんが小学1年生のとき一家に異変が起きる。

両親が離婚してしまったのだ。原因は父の女性問題。この時、母は山口と3才年下の妹を連れて、長野の実家へと出戻った。

父は何度も母のもとを訪れ、頭を下げたが、彼女が再び旅館に戻ってくることはなかった。

山口さんは祖母との別れが辛く、なんと1人で祖母のところに戻ったといいます。

祖母が心配をして長野の母のところへ送ったそうですが、山口さんが泣きながら祖母がいいと言い、しがみついて離れなかったそうです。

お母様の心境も複雑だったでしょうね。山口さんにしてみれば、忙しくて相手にしてくれなかった母より、おばあちゃんのほうが大好きだったんですね。

結局山口さんは父側が引き取ることとなり、妹さんは母側に残り、この時に母と妹と絶縁状態になったそうです。

山口さんが20歳の時に、山口さんの希望で 祖母と養子縁組をし戸籍上祖母が母となったそうです。

この時期にモデルのアルバイトがきっかけで女優を目指すようになり、祖母の反対を押し切って芸能界入りを果たしました。

山口さんは、この時のことを

「仕事を始めたのは家にいたくなかったから。小さい時に祖母や母が苦労している姿を見て育ったので旅館を継ぎたくなかった」

引用元:https://kwsklife.com/yamaguchitomoko-children/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも