16歳で出産した可愛い女子高生の現在…驚愕の生活をしていた…

jing 2021/02/01 告発 コメント

2016年8月30日放送の日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」この日の放送は”貧乏高校生”を特集したものでした。

そんな中 「時給740円のバイト生活を送る高知のボンビーガール」として登場したれいさん。

なんと彼女は 15歳で妊娠し、 16歳で出産した 現役女子高生ママだったのです。

父親は1年上の先輩。

二人とも高校生ですが、父親が18歳になるのを待って結婚しています。

現在の生活は?

現役の高校生であるれいさんと達也さん。

学校に通いながら子育てもしなければならないのですが、 親からの援助も受けていないというので驚きです。

2人は築70年になる祖母の持ち家を無償で借りて住み、高校に通いながらそれぞれ介護とスーパーでバイトをして月収19万円を稼ぎ自活しているとか。

そして学校が終わるとれいさんは スーパーのレジ打ちのバイトをし、達也さんは 介護のバイトをして生活費を稼いでいるとのこと。

2人の収入は合計で 月19万円ほどでそのうち 5万円を貯金しているというので驚きです。

若い世代を中心に離婚率は上昇

日本では晩婚化が進む一方、10代で結婚する人の8割、20代で結婚する人6割ができちゃった婚という現状があります。

しかし、 若い世代の離婚率も非常に高いデータもあります。

20~24歳までの離婚率が42.5%、19歳以下の離婚率はなんと58.4%だとか。

熟慮を末に結婚を決断したわけでもなく、できちゃった婚をした場合は離婚の決断も熟慮せずにしてしまうのかもしれません。

若くして子供ができて世間的に冷たい意見もありそうですがこの2人はしっかりしていますね。

引用元:https://kwsklife.com/school-girls-birth/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも