深夜の牛丼屋に、ボロボロの親子が入店。男『小盛りの牛丼下さい』俺「はい(子供の分だけじゃん、お金ないのか?)」すると!

jing 2021/02/03 告発 コメント

深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。 お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。 父子の会話が明了に聞こえてきた。

娘「これナホちゃん食べたいなー」 父「ナホはこれ食べたいんだなー (財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」 娘「ぎゅどんておいしいー?」 父「うん、すごくおいしいよー!」

呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」 俺「他にご注文は?」 父「以上です」

え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。 この父子をよく見れば、 父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。 娘はもう5月も終わる時期なのに スウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。 荷物は汚い大き目のリュックひとつ。 明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

まあでも仕事は仕事なのであまり気にせず、 すぐに牛丼を持っていった。 案の定、父親は全く食べずにすべて娘に食べさせていた。

父「ナホ、おいしいか?」 娘「おーいしー!とうっちゃん、とうちゃんは食べないのー?」 父「父ちゃんもうお腹いっぱいだから、ナホちゃん全部食べてな」

やばいこれ、なんかコントとかでよく見るアレじゃん! こんな親子が実際にいるとは・・・・不憫だ・・・ 明らかに家も無く職も無くみたいなアレだわな。

さらによく見ると、父親の頬はコケていた。 娘はちょっと髪の毛がボサボサだけど かわいいおかっぱ頭の女の子。 この子に十分に食べさせるために 本当に頑張ってるんだろうなとか思った。

でもいくら1人シフトとはいえ 「これはサービスです」とか言って 並盛1杯おごってやるとかは考えてなくて、 会計済ませたら出て行くだろうぐらいに思ってた。

そしたら、お腹一杯食べた女の子がすごく眠そうにしてる。 これはもう長時間滞留だね! 5分ぐらいで寝てしまうんだけど、 それまで色々と父子で会話してた。 「かあちゃんとねんねしたい」とか 「とうちゃん、かあちゃん迷子かなあ」とか。

ちょっと話が見えないんだが、どうやら母親はいないらしい。 眠そうにしながら「かあちゃん・・・」とか呟くの聞いてたら なんかすげえ不憫に思えてきて、 少し偽善っぽい感情が芽生えてきた。

女の子が寝てしまってから 自分の車に常備してるブラケットを取りに行き、 店に戻って父親に渡した。

俺「あの、これ娘さんにかけてあげてください」 父「えっ!あっ、いや、すいません、ほんとにすいません・・・ ちょっとこの子眠れたらすぐ出て行きますんで・・・・」 俺「いつも深夜はほとんどお客さんいないんですよ。 起きるまで大丈夫ですよ」 父「すいません、ほんとにすいません」

隣りの椅子と膝枕で女の子寝かせた父親が、 俺が横通るたびに「すいません・・・」って頭下げるんだよ。 どんだけ低姿勢なんだよと。 たぶん家とかも無い感じなんだろうな。徒歩で来てるし。

結局女の子は6時前に起きて、 父親はペコペコ頭を何度も下げながら店を出て行った。 俺はシフトが6時までだったので、 交替のバイトに引き継いだ後、6時15分頃に退勤した。

で、車で国道に出て 300mくらい自宅の方向に走ったら、父子がいた! 娘の手をつないでとぼとぼと歩いている父親の姿が見えた。 ちょうど通り過ぎるあたりで父親が女の子を抱っこしていた。

なんかね、父親の体に力が入ってないんだよね。 たぶん1日とか2日なにも食べてないような感じ。 フラフラしてるのに女の子を抱っこしようとしてるし。

で、いてもたってもいられなくなったので ちょっと先に車を停めて、父子のところに走っていった。

俺「そんなフラフラじゃ娘さん落としちゃいますよ」 父「え、あ、大丈夫です・・・・ え、さっきの牛丼屋の店員さん?」 俺「いや店内から気になってたので・・・ 失礼ですけど行く宛てあるんですか?」 父「え、いやー、この子の母親のところに・・・・」 俺「お母さんの居場所ってどこです?」 父「・・・・・(誤魔化し笑い)」

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも