この症状はうつ病の危険なサインかも…うつ病を疑うべき症状とは【引用kwsklife】

楊大凱 2021/03/18 告発 コメント

この症状はうつ病の危険なサインかも…うつ病を疑うべき症状とは…

うつ病の危険なサイン

近年増え続けているうつ病。うつ病は思いのほか見逃されやすい病気です。

その理由の一つにうつ病を発症しやすい性格の方は自分の辛さを他の人に表現することを避けたり手助けを求めることを控えようとする傾向が見られるからです。

初めてうつ病を経験するときはその兆候に気づけないもので

「まさか自分が鬱になるなんて…」

と考えていますし、そもそも「心身の異変=うつ病」に結びつかないことがほとんどです。

初期症状を放置した結果としてうつ病が悪化してしまうケースはよくあります。

できるだけ早くうつ病のサインをキャッチし、対策することが重要です。

心と体と行動の異変にはうつ病のサインが隠されているのでうつ病のサインとなる初期症状について紹介します。

まずは頻繁に気分が落ち込むようになります。

ひとしきり落ち込んだ後、なんとかやる気を出してはまた落ち込むの繰り返し。

鬱になりやすい生真面目な人は落ち込んだままでいることに罪悪感を抱き、それがかえって悪循環を生みます。

特に理由もなく憂鬱な気分になったり、不安な気持ちになることが増えてきます。

仕事や人間関係のトラブルで不安になっているのなら原因はハッキリしていますが、鬱の初期症状はそうではありません。

また、集中力が低下し、些細なことにイライラすることが増えるようにもなります。

うつ病は自己嫌悪や自意識過剰などを伴う病ですから1つのことに集中することが困難になります。

それまではどうでもよかった他者評価や噂話などが異常に気になってしまい、この状態がひどくなると仕事や人付き合いにも悪影響があります。

そして、物事に対して深く考えることが難しくなります。

今までは慎重に考えて計画的に行動していたことが思考能力の低下により、うまく自分の考えをまとめることが難しくなり、場当たり的な対応に終始するようになります。

身体の異変

いつも複雑な感情を抱えている影響で寝つきが悪くなります。

それだけならまだしも

「明日の仕事で失敗するのでは?」

というネガティブなイメージをするようになり、睡眠も浅くなってしまうのです。

夜、なかなか眠れないせいもあり、朝、起きるのが辛くなります。

誰でも朝、起きるのは辛いものですが、うつ病になると特に朝、布団から出るのも困難になります。

睡眠時間とうつ病は密接な関係にあるので意識的な対策が必要です。

また、睡眠の質を高める工夫も大切です。

さらに、食事についてもバラつきが生まれます。

ある時は食欲がなく、お茶碗1杯のご飯でも食べられなくなりますが、またある時には過食の状態に。

引用元:https://kwsklife.com/depression-sign/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも