NHKのお天気お姉さんが生放送中に号泣した理由…驚愕の真相が発覚…【引用kwsklife】

杨大凯 2021/03/18 告発 コメント

NHKのお天気お姉さんが生放送中に大号泣

NHKと言えばニュースもお天気コーナーも落ち着いた真面目な語り口調でお馴染です。そんなお天気コーナーで女性キャスターが、 涙声になって10秒ほど下を向いて泣いてしまうというシーンが映し出されました。

このハプニングは15年12月1日のNHK山形の放送で起こったもの。

当時、ネットニュースや週刊誌でも随分騒がれました。当人は 気象予報士の岡田みはるさんです。

いったい何があったのでしょうか?

号泣した経緯

ハプニングは、1日午後6時30分ごろ起きた。

「師走のスタートは、この時期らしくひんやりとして、時雨の降る空となりました」

と落ち着いた様子で話しだした岡田は「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」と続けた。

だが画面に映っているのは新庄市。このとき「新庄、新庄!」というスタッフらしき男性の声がかすかに聞こえる。

「現在の新庄市の様子です。こちらも北西の風が吹いています。現在の気温は4度1分です」

と立て直したかに見えたが、すぐに涙声に。スタジオにカメラが戻ると、なんと岡田は泣いていた。

涙を拭きながら、しばし沈黙…。何とか続けるも、涙は止まらず鼻をすする音が聞こえた。

この“涙のお天気コーナー”が終わると、男性キャスターは「失礼しました。ではニュースを続けます」と謝罪した。

■YouTube動画

放送後は徒歩で帰宅できたが、翌日から放送局には報道陣が殺到した。

「スーパーに買い物にも行けず、ネット通販で生活していました。私の映像が出てくるのでテレビもつけられない。当時の映像は一度も見ていません」

「もう二度と気象予報士の仕事はできないかもしれない」

そう落ち込む岡田さんを支えたのが、ブログに書き込まれた数千ものメッセージだった。

「『自分もつらい思いをしているからあなたの気持ちがわかる』と励ましてくれる人がたくさんいました。がんを患う女性から『あなたも頑張っているから私も治療を頑張ります』とお手紙をいただいたこともありました」

お天気お姉さんが号泣した理由

アナウンスと画面が合っていないというケースは生放送のニュースや情報コーナーでは起こりえるハプニングだと思います。

そんな場合でも冷静沈着なアナウンサーならば、画面の差し替えを待つか自分が画面に合わせてしゃべり内容を訂正するといった対応が考えられます。

この動画を見る限りこのケースも泣き出すほどの間違いではないなと思いましたが…

実は 局内でいじめがあったのでは?と囁かれているのです。ベテラン女性アナから日頃から辛く当たられたりとかそれが原因か定かではないですが岡田さんは良くミスもあったようです。

引用元:https://kwsklife.com/weather-cries-crying/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも