【衝撃の展開】人間を100年間冷凍した後、解凍したら…!?(※動画あり)

杨大凯 2021/04/11 告発 コメント

20世紀初頭

ロシアの哲学者のニコライ・フョードロヴィッチ・

フョードロフさんはある考えを持っていました。

その気になる考えとは一体・・?

誰もが気になるような話題なので探っていきましょう。

「十分な時間さえあれば、人間は死を克服できる」

このような考え方を彼は持っていたのです。

誰もがいずれは死を迎えると思いますがこのような

考え方が現実になれば驚きませんか。

遺体の腐敗を止める手段として真っ先に

考えつかれたのは、冷凍保存なのですが

もし100年後にその人間を解凍したらどうなるか

気になりませんか。

そこで今回は、冷凍保存した人間を100年後

解凍したらどうなるかについてさぐって

いきましょう。

他にもどんなことが起こるのか想像しながら

みなさんも考えてみてくださいね。

実在する冷凍施設

ロシアの首都モスクワから2時間ほど行った

ところに、小さな倉庫があるんです。

その中にあるものは何と、遺体なんです。

その数全部で、56体あるそうなんです。

これらの遺体はどのように保存したかというと・・

マイナス196度の液体窒素に漬けられた状態で

保存されているのです。

この中に保存されている遺体のほとんどが

高齢者ばかりで自然死されたものばかり

なんです。

そのほとんどの方が、生前に遺書に冷凍保存を

望むことを記載していたそうなんです。

保存期間は?

保存期間に関しては基本は、100年とされているそうなんです。

しかし、今後科学が進歩すればその保存期間も延長される

可能性があるかもしれませんね。

生き返った!?

実は人間を冷凍保存しその後復活させるというアイデアは

18世紀からあったんです。

1967年に腎臓がんで亡くなった男性が初めて、冷凍保存装置に

入ったと言われています。

彼の遺体は今もアメリカ・アリゾナ州で保存されており

何も変化がないそうです。

ロシアのクリオルス社に保存されている遺体は

56体あると言われ、約4分の1は外国人の遺体と

言われているんです。

その中には人間以外の、ペットが22匹眠っていると

言われているんです。

虫は蘇生する!?

そこで現在わかっていることが、2018年7月に

永久凍土の中で凍っていた線虫2匹を解凍した

ところ、なんと2匹とも復活し餌を食べることが

できるほど元気だったんです。

それもその虫たちが凍っていた期間は、4万2,000年。

この期間を聞いてさぞ驚いた方も多いのではないでしょうか。

引用元:https://academic-box.be/archives/93463,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも