【感動】保護先の家で唯一の我が子を育てていた母猫。3匹の迷子の子猫を受け入れて、我が子と共にたくさんの愛情を注ぎ続ける(引用 )

rui 2020/09/18 告発 我要评论

ある日、野良の母猫と子猫が路上で保護されて、保護施設『』へと運ばれてきました。

母猫は約1歳の若い猫で、唯一の我が子をずっと抱きしめ続けていました。養育ボランティアのニサさんは猫の親子が安心な場所を必要としていることが分かると、自宅に連れて帰ることを決めました。

『ベイリー』と名づけられた母猫は、あまり人間慣れしていませんでしたが、屋根のある安全な場所と暖かいベッドにとても感謝しているようでした。一方、『ウイスキー』と名づけられた子猫は、常にベイリーに抱きついて、お母さんの温もりを感じていました。

ベイリーはニサさんや家族の優しさに触れて、ゆっくりと自分の殻から出てきて、少しずつリラックスするようになりました。

そして保護から数日が経つと、ウイスキーの閉じられていた目が開き始めました。ウイスキーはすぐに好奇心の塊になり、上手に足を使って身の回りを探索するようになりました。そんな我が子の成長をベイリーはいつも優しい眼差しで見守っていました。

 

ちょうどその頃、母親のいない3匹の子猫達が保護施設へと運ばれてきました。3匹はまだ幼く、誰かの世話を必要としていたため、ニサさんが自宅へと連れて帰りました。

その後、3匹と出会ったベイリーはすぐに子猫達を受け入れて、我が子と共に世話を始めました。ベイリーは少しずつ室内生活に順応しながら、全ての子猫達にたくさんの愛情を注ぐようになったのです。

しかしそれから数日後、ベイリーが健康問題を抱えていて、治療が必要なことが明らかになりました。

 

ニサさんはベイリーにあまり負担をかけないように、3匹に24時間体制でミルクを飲ませ始めました。そのおかげでベイリーは身体が完全に回復するまでの間、ウイスキーを育てることに集中することができたのです。

その後、完全に元気を取り戻したベイリーは、ニサさんとチームを組んで、全ての子猫達の世話を続けました。ウイスキーも新しい兄弟のことが好きになり、一緒に遊べることにとても興奮していました。

子猫達は成長するにつれて好奇心が増していき、子猫達だけで遊ぶ時間も増えました。そのためベイリーは長い時間リラックスできるようになり、多くの時間をニサさんと寄り添うことに費やすようになったのです。

 

ベイリーは人間が眠っている間に、猫としての生き方を子猫達に教えました。ベイリーは自分のスキルを子猫達に伝授し、子猫達が独り立ちするための準備を整えました。

その後、子猫達が十分に成長すると、すぐに素敵な家を見つけて、それぞれの家へと旅立っていきました。そして子育てを終わらせたベイリーも、生涯の家に行くための準備を整え始めたのです。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
用户评论
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません