ラーメン屋で食券買おうとして衝撃 「永久のコロナ対策」が見つかり話題に【引用元 sirabee】

よう 2021/04/07 告発 コメント

青森県にあるラーメン屋の券売機を見てみると…そこに書かれている店からの「お願い」が最高だった。

新型コロナウイルスがいまだ猛威を奮っている昨今。飲食店、アパレルショップ、スーパーなど、業界を問わず様々な場所でコロナ対策が講じられている。

ツイッター上では現在、とあるラーメン屋に貼り出された「お願い」が話題に。

■消毒に使うのは…

注目を集めているのは、ツイッターユーザー・文月(あさひ)さんが29日に投稿したツイート。投稿にはラーメン屋の券売機で撮影したと思しき写真が添えられており、そこには「お客様へお願い」という文言から始まる注意書きが確認できた。

しかしよくよく見ると「お客様には消毒エターナルをご用意しております」と、見慣れぬワードを発見。投稿主の文月(あさひ)さんも本文中で「消毒用エターナル」に注目しており、こちらのツイートは投稿から2日足らずで1.5万件以上ものRTを叩き出している。

「「消毒用エターナル」」で顔終わった pic.twitter.com/JCtxjykc5Y

— 文月(あさひ)Ψ (@AiEI_) March 29, 2021

■「めっちゃ和んだ」と反響の声

意味が全く通じない誤字であればここまで注目を集めなかったと思われるが、「エターナル」(eternal)という英単語は実際に存在するうえ、「永遠の、永久の」といった絶妙に厨二心をくすぐる意味と語感を持っている。

ネット民に絶大な人気を誇る「僕の考えた最強呪文」の代表格・エターナルフォースブリザードの中にも「エターナル」という言葉は使用されており、基本的に必殺技っぽい用語との相性は抜群。

投稿を受けて、他のユーザーからは「新しい必殺技かな?」「一回使ったら永遠に消毒できる効果なのか…!」「めっちゃ和んだ」といった反響の声が相次いでいる。

続いてこちらの「消毒用エターナル」の正体に迫るため、ツイート投稿主の文月(あさひ)さんと、話題のラーメン屋を直撃。なんともホッコリする裏事情が明らかになった。

■消毒用エターナル、消えてしまうのか…?

文月(あさひ)さんがこちらの注意書きを発見したのは、青森県にある「らいぞう」というラーメン屋。「エターナル消毒」に気づいた当時の感想を、「自分の祖父と同じ間違いをしていて面白かったです」と振り返ってくれた。

別のツイートでは「青森ラーメン特有の魚介を一面に出したラーメンです」「最高にうまいのでぜひ青森に来たら寄ってみてください」と激推ししていた。投稿にはとても美味しそうな同店メニューが添えられており、食欲を刺激してくる。

そこで今回は「らいぞう」の店主に貼り紙について尋ねてみたところ「エターナル消毒」のワードが出る前に「あの注意書きの誤字の件ですよね?」「あれ、私の書き間違いなんですよ…お恥ずかしい」と、自らカミングアウト。

気さくで陽気な人柄が伝わってくる店主に「エターナル消毒」の今後について聞くと「お恥ずかしいので、後でこっそりエタノールに直しておきます!」「後から気がついたんです。いや〜、本当にお恥ずかしい」と、「恥ずかしい」を連呼しつつもノリノリな様子で回答してくれた。

■店主の笑顔にホッコリ

ちなみにこちらの誤字がツイッター上でバズっていることを、店主は気づいていなかった模様。念のため事の経緯を説明したが気を悪くした様子はなく、その後も笑顔を絶やさず神対応を見せてくれた。

残念ながらもう「エターナル消毒」を拝むことはできなさそうだが、味だけでなく、店主の笑顔が素敵な「らいぞう」には是非訪れてみてほしい。

なお、注意書きをよく見ると「感染防止」が「感染防上」となっているが…こちらもしれっと修正されているかもしれない。

引用元:https://sirabee.com/2021/04/01/20162546168/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも