【衝撃】交通事故に遭い、下半身切断で「余命5分」と宣告された男性!その末期の望みは・・・

yaorui 2021/08/22 告発 コメント

交通事故は全国の至る所で発生しています

ここ最近は、若者の自動車離れという問題を聞くことがあります。若い男性でも、車に興味がないという人が増えているとか。

そうは言っても、自動車というものがなければ、今の社会は成り立ちません。

通販などで購入したものを運ぶのも、宅配便の運転手さん。ネットがいくら発達しても、車なしには、商品は届かないのです。ドローンというものもありますが、ドローンだけで運送を賄えません。

そんな私たちの生活に無くてはならない自動車ですが、その自動車という鉄の塊が事故を起こすと、悲惨なことになってしまうこともあります。

今回のお話は、悲惨な交通事故に遭遇した現場の救急隊員の体験談から、ご紹介します。

救急隊員の体験した、凄惨な交通事故現場。

交通事故を起こしケガ人が出ると、被害の大小に拘わらず、救急隊員さんが出動する機会が発生することになります。

その中には凄惨な現場もあります。例えば、被害者がトラックに巻き込まれたりしたら、それはもう悲惨です。被害者の身体は文字通り、内臓を散乱させたり、バラバラになってしまいます。

そんな事故を経験している救急隊員さんからの体験談の中から、心に残っている現場の光景を聞かせて貰いました。

ある救急隊員さんが体験したのは、まさに衝撃的な現場でした・・・

下半身切断した、事故当事者の最後の言葉

その事故は、真夜中の午前3時頃だったそうです。事故の報を受け、出動した救急隊員さんが見たものは・・・

大きな交通事故でした。その事故現場で、車に挟まれて、下半身が切断してしまった男性がいたのです。

その男性は、

「あとどれくらいの、命でしょう?」と、

救急隊員に尋ねました。自分の身体の状況を考えれば仕方のない発言でした。

救急隊員

「…あと、5分ぐらいです」

救急隊員には、損傷の程度を見て、経験上、命が助からないことと、その男性には残された時間が少ないことが分かったからです。

重篤な状態で、男性の末期の言葉とは?

引用元:http://m-plus.club/archives/7473,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも