綾瀬はるかコロナ陽性で緊急入院していた。上級国民との批判も

yaorui 2021/09/01 告発 コメント

女優の綾瀬はるか(36)が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。所属するホリプロによると、綾瀬は8月20日夜、微熱があり抗原検査を行ったが陰性。翌日、念のためPCR検査も受けたが陰性。症状は治まってきたものの、その後発熱が続いたため抗原検査をしたところまた陰性。しかし26日、再診し抗原検査を行ったところ新型コロナの陽性反応が出たため自宅療養をしていたが、肺炎の症状が見られたため都内病院に入院。現在は回復に向かっているという。ワクチンは未接種  綾瀬はワクチンは未接種だったという。入院の第一報を報じたNEWSポストセブンによると、綾瀬は中等症とみられ、未接種の理由として今夏は仕事が立て込んでいたため、ワクチンを打って副反応が出た場合に撮影現場がストップすることを考慮して9月になってから接種予定だったという。  ネットニュースのコメント欄は“大荒れ”で新型コロナを巡っては救急搬送されても入院先が見つからずに自宅療養を余儀なくされた揚げ句亡くなるケースも多いだけに、<友人は肺炎と診断されて薬を出されただけで自宅放置でしたが><有名人だから入院できたんだ。不公平><有名人、著名人、上級国民が好き勝手出来るのは優先的に治療が受けられるからでしょうね><綾瀬はるかさん大好きですが、今の時期に入院できる事がやはり気になりました><自宅で入院できずにいる方や、亡くなられた方が大多数いる現実と有名女優という立場で入院できてしまうこの差って何>といった怨嗟の声が、記事が公開されて20時間あまりが経過した9月1日午後2時の時点で1万3000件以上も寄せられている。 

綾瀬はるかだから入院できたのか?

新型コロナは感染者の8割が軽症で2割が中等症以上に悪化してその際には肺に炎症が見られます。基本的には軽症患者に対する治療法はなく解熱剤を飲ませるくらいなので、入院は中等症以上。つまり肺炎がある人が入院の対象となります。

一部の地域では病床のひっ迫によって肺炎があるだけでは入院できず、自宅療養を余儀なくされるケースもありますが、入院の基準は地域によって違い、肺に炎症があれば即入院できる地域も多いです。

TVなどで医療崩壊の事例として入院できない人を取材する映像が多いので、綾瀬はるかさんが特別に入院できたと思う人が多かったんでしょうが、実際は肺炎があれば入院できる可能性は誰にでもあり、地域の医療体制や感染状況によるといえます。

東京でも区によって医療方針が違うので綾瀬はるかさんの症状では入院できることもあればできないこともあるでしょう。

というわけで綾瀬はるかさんが芸能人として特別扱いされた可能性は否定できませんが、肺炎が見られると入院できることは珍しいことではないです。

綾瀬はるかさんも若く見えますが36歳で重症化しにくい若者とはいいにくいです。

ネットの声

綾瀬はるかさんの手当てが順当に行ったのは、ナントカ国民とかよりも墨田区民だったことが大きいと思う。これを機に、みんな自分の住む自治体がどれくらい合理的に仕事をしているかチェックした方がいい。ちなみに、頑張ってるかどうかではなく合理的かどうかがポイント。

綾瀬はるかさんについて『高い特別個室だから入院できた』というデマが飛び交っていますが、感染病床は個室代金は徴収しません。

その代わりどの病床に入るかも選べません。

また綾瀬さんの病状ならICU管理も検討されるレベルで入院できたのは当然だと思います。

引用元:https://media-groove.com/ayase/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも