有村架純「女優向いてない…」苦悩救った三浦春馬さんの一言

cyl 2020/11/09 告発 我要评论

「有村さんと脚本家の岡田(惠和)さんとは『ひよっこ』(’17年)を含め、今作で6作目のタッグ。すでに有村さんと製作陣の信頼関係がしっかりできていますね。有村さんは弟役の共演者たちに“リアルな姉弟感”を出すために、撮影前から『敬語はやめよう! なんでも相談してね』と優しく伝えていたそうです。有村さんが“タメ口宣言”したために、緊張感がほぐれた明るい現場だと聞いています」(ドラマ関係者)

現在放送中の『姉ちゃんの恋人』()で2年ぶりの民放連ドラ主演を演じる。早くに両親を亡くし、9年間女手一つで弟3人を養う27歳の肝っ玉姉ちゃん役を演じている。

「有村さんはスタッフに『ふだんの私はこんなに明るくないから、この役を演じていて元気もらえる』と、言っていました。多忙を縫ってランニングするなど、“座長”として万全の体調管理をして久々の連ドラに挑んでいると聞いています」(前出のドラマ関係者)

現場では明るくふるまい、後輩の共演者たちを気遣っている有村だが、月刊誌『MORE』11月号のインタビューで、自らの心境をこう吐露していた。

《ここ2年ほど自分の気持ちをずっと消化しきれないというか、お仕事についても悩みがあって》

彼女の仕事関係者によれば、主演映画『かぞくいろ―AILWAYS わたしたちの出発―』(’18年)の撮影現場から、彼女の苦悩の色を強く感じるようになったという。

「もともと有村さんは『私、女優に向いてない……』と何度も悩むことがあったそうです。特に25歳の誕生日は、映画『かぞくいろ~』の現場で迎えました。この作品では、彼女は夫を突然亡くし、夫の連れ子の母親として生きる役を体当たりで演じました。心が折れそうになりながら、葛藤する役柄に影響されたのか、『こんな私は女優として本当に必要なのだろうか……』と悩むようになったといいます」

有村は今年デビュー10周年を迎えた。今春のネットのインタビューで、この数年の葛藤を率直にこのように語っていた。

《自分のお芝居について、迷いや不安を感じていたときだった。(略)私は等身大の役を演じることが多くて。自分の幅が狭まってきているんじゃないかという不安があったんです》

《私は前に進んでいるんだろうか、次に進むためにはどうしたらいいんだろうと、ずっと考えていた》《特に2019年はずっとそういうことを考え続けていて、すごくしんどかった。私は考え込んでしまうタイプで、昨年はちょっと真面目に悩みすぎたかも》(『クランクイン!』3月8日付)

だが、最近、彼女に心境の変化があったようだ。前出の『MORE』でこのように語っているのだ。

《でも、最近、ふっきれたんです。方向性や目標がしっかり定まった、そんな感じ。思いがけない状況が続く世の中ではあるけれど、人間関係やお仕事のことなど、いろいろなものがシンプルになった気がしています》

実は迷える彼女が出会った“運命の人”が、さん(享年30)だった――。

2人は太平洋戦争末期を描いたのドラマ『太陽の子』で共演。が核エネルギーの研究者、三浦さんはその弟、有村は兄弟が思いを寄せる女性を演じた。三浦さんは役作りにあたって、髪をそりあげて撮影に臨んでいた。

7月8日、広島でおこなわれた完成試写会には3人とも出席。三浦さんはドラマを観賞後、神妙な面持ちでこう語っていた。

「このドラマには戦争、そして平和という大きなテーマが掲げられていると思います。僕たちの仕事は想像力を皆さまに届ける仕事ですし、この作品を通して皆さんが戦争というものを考える大きなきっかけになればと思っています」

それが、三浦さんの最後の公の場となった。亡くなる10日前のことだった――。

三浦さんが亡くなった3日後、有村はインスタを更新しての写真をアップするとともに、《優しい春馬さん深呼吸、してくださいねどうか、朗らかに永遠に》とつづり、三浦さんを悼んだ。番組関係者は言う。

「撮影中、3人で手を取り合うシーンがあったのですが、実は有村さんのアドリブだったんです。戦時の緊迫下、兄弟で戦争の話に没頭するなか、彼女が『戦後のことは考えてないのか!』と叱咤する重要なシーンです。彼女が台本には書いていないながらも、2人に“どうしても生きていてほしい”と手をとって温もりを伝える演技を、三浦さんが絶賛していたんです」

8月8日、有村は『土曜スタジオパーク』(NHK総合)に生出演すると、三浦さんとの共演を涙ながらにこう振り返った。

「春馬さんは自分自身が『これいい』と思ったら必ず伝えてくれるんです。(手をつなぐ)シーンが終わった日もわざわざ連絡を下さって『刺激をもらった。学ばせてもらった』って、背中を押してくれる一言を必ず掛けられるような方でした――」

前出のドラマ関係者はこう語る。

「演技に悩みがちだった彼女は、三浦さんの激励を受け、“自分らしく演じる楽しさ”に再度、気づかされたそうです。その矢先、三浦さんの突然のが……。悲しみに暮れ、ほとんど眠れぬ日々が続いていたそうです。今回の2年ぶりの連ドラで、ふだんの自分とは異なる“明るい私”を演じることになり、“今は亡き三浦さんのためにも、前を向いて演技の道を続けよう”、そう強く決心したといいます」

10月28日、当初は年内を予定していた三浦さんの「お別れの会」が来年7月を目安に延期になったことが発表された。だが、有村の記憶には、いまも三浦さんと共有した「手の温もり」が残り続けていた――。

用户评论
好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません