「ご飯いらない!」駄々っ子に絶大な効果を発揮するお母さんの魔法の言葉がネットで話題に

楊大凱 2021/04/19 告発 コメント

育児中の親御さんが悩まされるのが、子どもの「イヤイヤ」。2歳くらいになってくると、子どもも自我が出てきて気に入らないことがあると、「イヤイヤ!!」と言ってきます。しかも子どもの気に入らない理由は、大人が推し量るにはむずかしいことが多く、大変です。2児の母である川北ベッソン(@VsIbiru)さん、ある日、4歳の娘と2歳の息子とごはんを食べようとしたところ、子どもたちが「ご飯食べたくない!」と「イヤイヤ」をはじめてしまいました。お腹は減っているはずなのに…。こんな時、どうすればいいの?そんな子どもたちの「イヤイヤ」をたちまち止めてしまう母の一言があるといいます!果たして川北さんは、食事を嫌がる子どもになんと声をかけたのでしょう?

「今日はママが一人でピクニックか…」そう言って、レジャーシートを部屋に広げ、ダンボールを机代わりに設置した川北さん。子どもたちはそれで大喜びでご飯を食べ始めます。なるほど!子ども心をくすぐるような、ちょっといつもと違うシチュエーションを提供してあげるのですね!!簡単かつ効果的な方法です!!

ほかにもこのようにベランダや階段で食べたりと、子どもが楽しんで食事をできるようにしているという川北さん。親として楽だし、子どもも楽しめる。素晴らしい方法ですね。この投稿には、同じ悩みを抱えていた親御さんたちからたくさんのコメントが!

今、育児中で子どもにご飯を食べさせるのにてこずっている方は、ぜひこの方法を試してみては?いつもと違うシチュエーションで親も子どもも楽しめる、素敵な方法のご紹介でした♪

川北ベッソンさんは、育児系のブログを公開しています。気になった方はこちらもチェックしてみてくださいね!

引用元:https://cadot.jp/topics/45626.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも