志村けん国民栄誉賞!?“令和おじさん”から“変なおじさん”へのエール(引用元excite)

Hisasi 2020/11/05 告発 我要评论

さんを「国民栄誉賞」に推挙する話が持ち上がっているという。

この賞に明確な規定はなく、「国民に広く愛される人」というのが広義的なものだ。

「時として、政治家の人気取りの道具に使われるのが国民栄誉賞。先ごろ、第99代内閣総理大臣に就任した菅義偉首相にとっても伝家の宝刀になる。新型コロナの終息が見えず、年内での解散もほぼなくなり、年末あるいは来年のしかるべきタイミングを見て、という話になるでしょう」(政治ジャーナリスト)

志村さんの逝去に対しては、国民が深い悲しみとともに、新型コロナの恐ろしさを知る契機になったと言えるだろう。

「それを、身をもって世間に知らしめたのだから、志村さんの功績は大きい。地元の東京・東村山市でも名誉市民として彫像も作られている。志村さんはコメディアンとしても不世出の天才。志村さんに贈られることに何の異論もないと思います」(芸能ライター)


 

“平成初”は歌手の美空ひばりさんだった…

国民栄誉賞は、これまで26人1団体が受賞(内12人は没後の受賞)している。総理大臣通算在任日数が憲政史上最長となった安倍晋三前首相が授与したのは計7人で、全受賞者の4分の1を占めている。

「授与を連発した印象がある安倍前首相ですが、長く務めたのだから当然かもしれません。それより、安倍さんもその前の野田佳彦さんも、歴史的政権交代を成し遂げた鳩山由紀夫さんも、その直前の麻生太郎さんも、就任して2カ月から4カ月の間には誰かに授与しています。菅直人さんだけは例外で、就任1年2カ月後に『なでしこジャパン(女子サッカーチーム)』に授与していますが、就任当初には適当な人がいなかったからでしょう」(政治記者)


 

これから冬に向かって、インフルエンザと新型コロナが同時流行する可能性も想定されている。ならば、志村さんが身をもって体験したことを、菅総理はしっかりとした形で受け継ぐべきかもしれない。

「〝令和おじさん〟として、令和初の国民栄誉賞を誰に贈るかは考えているハズ。平成になって最初に国民栄誉賞を受賞したのは、直前に亡くなった歌手の美空ひばりさんでした。令和初も、やはり国民に広く愛された人がふさわしい。〝令和おじさん〟から〝変なおじさん〟への授与となれば、政権の好感度が上がるのも間違いないでしょう」(同・記者)

菅政権が窮地に立たされたときが、そのタイミングとなりそうだ。

用户评论
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません