心臓がちゃんと働いていない10の警告サイン…これが当てはまったら要注意

rui 2021/01/24 告発 コメント

心臓がちゃんと働いていない10の警告サイン

アメリカ内だけでも一年で610,000の人が心臓病により死亡しています。

心臓に問題が起きてしまう原因はさまざまありますが、ほとんど場合が間違った生活習慣によるものです。

日本において心疾患の総患者数は172万人を超えると言われています。

心臓に問題が起きてしまう原因は色々ありますが、ほとんどの場合が生活習慣によるものということです。

幸いにも人間の体というものは警告サインを出してくれるものでそれに気づくことができれば早期治療を受けて

深刻な事態を回避できるかもしれません。そこで今回は心臓がちゃんと働いていない10の警告サインを紹介します。

①腕に広がる痛み

これは心臓の痛みが体のあらゆる神経が接続されている脊髄まで伝わるからなんです。

脳は錯覚を起こし実際に腕が痛く感じます。

②止まらない咳

接続的な咳はあらゆる健康問題の症状であり、心血管疾患もその一つ。

例えば、ピンク色の血まみれな

液体が発生する慢性咳は心臓に心不全の時に起こります。

心不全は心臓が完全に止まってしまうという訳ではありません。

ただ、心臓がしっかりと血液を流すことができていないとう事です。

結果、酸素が血液によって体のあらゆる

組織に運ばれてしまい酸素不足になってしまいます。

③腫れた脚、足首、足

心臓から十分な血液が送られていないと血管からの液体が組織の周辺に漏れてしまいます。

重力によって下半身に一番影響受けます。

肝機能障害、高血圧、妊娠、怪我、高山病、または長時間動かずに座っている時などが原因で

脚が腫れることもあります。

それは心臓が原因だったということがよくあります。

④吐き気や食欲不振

多くの心臓病を抱えた患者は食欲不要、もしくは両方感じる事があります。例え数口食べ物を食べたとしても。

その理由は肝臓や腸の周りに液体が構築されてしまい消化が適切にできなくなるからなんです。

症状としては他にも腹痛、胃の不調、または膨満感があります。

実際に、腹痛などは傷みが来たりなくなったり

と激しく心臓発作の直前に起こります。

⑤異常なほどの不安感

冠状動脈性心臓病が発症しやすくなります。

頻脈(または異常に早い心拍数)

血圧の上昇

(冠状動脈性に繋がる可能性がある)

そして、急な発作で生き残れる可能性が低くなります。

⑥立ち眩みまたは気絶

心臓が十分な血液を流していないと内臓や組織が必要とする量の酸素を摂取出来ません。実は心臓も酸素枯渇による影響を受けます。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも