凄腕の不動産営業マンでも売り込みに苦戦しそうな「ありえない欠陥住宅」

不動産の営業ほど口の達者な人が揃っている業種はないかもしれません。どんな欠陥住宅でも、いかにも魅力的な家のように説明してくるのですから。 彼らに言わせれば、狭くて小さな部屋は「省エネルーム」、奇妙な部屋は「個性的な人向け」になります。

ただ今回紹介する15の物件を売り込むのは、凄腕の不動産営業マンもちょっと苦戦するかも。この「ちょっとした欠陥」の説明、どう思いますか?

1.ロサンゼルスでバスタブ付きの部屋がたったの月18万円。朝はシャワーを浴びに来たルームメイトが起こしてくれます。

2.水漏れ?いえいえ、世界的な芸術家で建築家のフンデルトヴァッサーをリスペクトして作られたストレッチ天井モデルだと聞いています。

3.亀裂がありましたがプロが完璧に修理しています。

4.優れたデザインのおかげで、シャワーの水がまわりに飛び散る心配はありません。

5.浴室の壁を少しだけはがしておけば、きのこの栽培もできるというナイスアイデア!

6.暑い季節に料理していると汗がどんどんでますよね。そんな時、このキッチンならそのままシャワーを浴びることができます。

引用元:http://m-plus.club/archives/11644,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも