【感動】東日本大震災で、この方が、身分を隠してボランティアに参加!存じでしたか?

杨大凯 2021/03/07 告発 コメント

身分を隠して、ボランティア活動に参加されたのは・・・

東日本大震災で被災地へ出向き、ボランティア活動を、された方が、いらっしゃいます。身分を隠してまで、被災地を励まそうとされたのです。

そのお方は、なんと皇族の眞子さまだったのです。

2011年7月、当時大学2年生の眞子さまが被災地へ!

2011年7月、眞子さまは、当時大学2年生でした。今の自分にしかできないこととして、ボランティアに参加されました。

眞子さまは、今のご自分にできることを、皇族として、考えられたのですが、皇族の身分を明かさずにボランティア活動をされたのが、ひと味違いました。

眞子さまが、ご自分の身分を明らかにすれば、公務扱いとなりますから、警備や周辺のお付きの方も伴い、大事になります。

その様な事を、鑑みて、眞子さまは、ご自分の身分を明かさずに、行動をしようとお決めになったのかも知れません。

「まこしーです」と、自己紹介をされました。

眞子さまは、2011年7月に、岩手県山田町・大槌町、宮城県石巻市の現地で、小学生の夏休みの出前講座の手伝いなどをされました。

被災地で、「まこしーです」と片手を上げて自己紹介をされています。まこしーというのは、ご自身の高校時代のニックネームだそうです。

子どもたちから、「お姉ちゃんお姉ちゃん」と慕われていたと聞いています。現地では、眞子さまは、ご身分を隠していましたが、噂にはなっていたようです。

それは、そうでしょう。いくらなんでも、顔バレしています。

眞子さまは、2011年10月に語られました!

この2011年7月のボランティア活動については、公式にコメントされたのが、2011年10月の記者会見の席上でした。

眞子さまのお語りになった言葉を抜粋して、ご紹介します。

眞子さま

(当時:大学2年)

「メディアの報道を通して、震災の状況について理解したように思っておりました。」「実際に行ってみないとわからないことがあると実感いたしました」

眞子さまは、皇族の身分を明かさずに、1人の大学生として、ボランティア活動を、行われました。

周囲の人たちは、子供だけでなく大人に至るまで、眞子さまであることに気づかなかったと語られていました。

ネットの反応

・眞子さま、大学時代に名前隠してボランティアしてた!・感動する話だね・眞子さまって、いい人なんだよな・優しい皇族が、眞子内親王殿下であらせられるぞ!

眞子さまは、大学2年生のおりに、東日本大震災の被災地に、身分を明かすことなく、ボランティア活動で訪れていました。感動しました。

引用元:https://lemon-like.info/posts/974,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも