病院に勤務する外科医が32時間にも及ぶ大手術を終えた直後‥疲れ果てた姿がネットで話題に!!

yaorui 2021/08/31 告発 コメント

手術

患者さんの命を救うために行われる、手術。

時間が短いものもあれば、何時間にも及ぶ大手術もありますよね。

しかも手術中には、休憩なんてないんです。

32時間の大手術

ネットでは、32時間にも及ぶ大手術を終えた直後の疲れ果てた外科医の画像が話題になっています。

手術には、想像を超えるほどの集中力や体力が必要となるため、こうなってしまうのですね‥

その画像がこちら。

疲れ果てた外科医

中国の福建省で脳腫瘍の摘出に挑んだ、3名の外科医。

2時間の休憩を挟みながら交代で手術にあたり、32時間もの手術を成功させました。

外科医たちは、その手術終了直後に床に倒れこんでしまったのです。

プレッシャーから解放

医師たちは、長時間のプレッシャーから解放されてホッとしたのでしょう。

体力や集中力の限界まで、患者のために全力を尽くしているのです。

また外科医だけでなく‥

チーム

この時の手術には3名の外科医の他に、6人の麻酔科医と8人のナースでのチーム体制でした。

彼らもまた、医師と同じように不眠不休で戦ったのです。

執刀医は‥

患者さんを救うため

執刀医だったチェン・ジャンピン医師は、

「患者さんを救うために尽力しているのは、私たちだけではありません。どこの外科医もそうしています。ただ、その状況が人の目に触れることがないだけです。」

と、語っていました。

医者たちは‥

1つの命

1人の患者さんの命を救うために、大勢のスタッフが全身全霊を捧げています。

また術後の管理もしっかり行われて、患者さんが日常生活を取り戻せるように医療スタッフは努力しているのです。

病気になって

そのような姿は、日常生活を送っている間はあまり目の当たりにすることがないでしょう。

自分や家族が病気や怪我をしてはじめて、「医療のありがたみ」を感じたりするものではないでしょうか。

それと同時に‥

健康は幸せ

よく「健康って大切」なんて耳にしますが、日常ではそこまで意識することはないかもしれません。

ですが、実際に健康ではなくなった時に、その大切さを実感しますよね。

身体だけでなく、精神も同じです。

予防すること

健康でなくなった時には大半の人が、

「なぜ、自分なんだろう。」

「もっとこうしていればよかった。」

というような気持ちになります。そうならないためには、日頃から食生活などの生活スタイルを見直していくことも必要です。

ネットの反応は‥

ネットの反応

ネットでは、

・現場はドラマなんかの数十倍大変

・病気になってはじめてわかることも多い

・普段から健康には気をつけたほうがいいな

などなど。

結論

健康について改めて考える、

良い機会。

引用元:https://academic-box.be/archives/51270,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも