男性は母親オオカミとその幼い子供たちを救いました。4年後にオオカミたちは森で彼を見つけました

jing 2021/01/20 告発 コメント

1941年、アラスカのクプレアノフ島で起きた物語です。この、のどかで静かな島が、驚きの出来事の舞台となりました。1人の男性が、金鉱を探して小川沿いを歩いていたところ、木々の間に何かの影が見えました。

それが巨大なオオカミであると気付き

彼は恐怖に震え上がりました。

動画はこちら↓

(出典Youtube

コメント:

血の濃いハスキーを家族にしていました。 16年2カ月で私を置いて逝きました ずっと思うのですが狼の神秘をいっも想います 狼って素晴らしいです また会いたいなぁ~~~

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=wZxeOXcFG3U,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも