バスの車内で「やっぱ降りませーん(笑)」小学生がふざけて降車ボタンを連打→運転手の取った行動に賞賛の声が続出

Teng 2021/01/15 告発 コメント

バスの車内で小学生が降車ボタンを連打したお話をご紹介します。小学生はイタズラで降車ボタンを押し、そのたびに「間違えましたー」などと一向に降りようとしませんでした。そしてバスの運転手がとった行動が話題になりました。

帰りのバス、アホ小学生が何度も降車ボタンを押してバスが停まる度

「間違えましたーw」「うっそでーすw」

を繰り返してたら数度目で運転士さん停車したまま

「今ボタン押した人降りて」「違いまーすw」

「降りて。降りるまで発車しないから」「うそ」

「嘘じゃない降りて」「えっええっ」

「降 り ろ」

小学生はおそらくこういったイタズラをよくしていたのでしょう。

そして今回も降車ボタンを何回も押し、運転手さんや乗客の方を困らせていました。

しかし、この運転手さんは一味違いました!

子供のイタズラだからと目をつぶらなかったのです。

なんと「降りるまで発車しない」と断言します。

ここまで言われてようやく小学生も焦りを感じ始めます。

そして状況はこう続きます。

「ごめんなさい、もうしません」

「ええけえ降りろ」「ここ違うんです」

「でもボタン押したじゃろ」「ごめんなさい(半泣き)」

「早う降りにゃあ他のお客さんに迷惑じゃろ」「ごめんなざい~(本泣き)」

「◯◯小じゃろ。学校に言うとくけえの」

謝ったところで事実は変えられません。

運転手さんに発車する様子は全くない。

ここで発車してしまえば、この小学生たちは適当に謝っとけば大人が折れてくれるのだと、たかをくくってしまうかもしれません。

それを分かっていたから運転手さんは折れなかったのでしょう。

その様子を見ていた人はこう感想を漏らしています。

コメント
好きかも