「ブルーノ」という名の太っちょネコに世界中が夢中

cyl 2020/08/24 告発

「僕はブルーノ」保護猫にラブコール殺到

 11キロ超えの風変りな太っちょ猫の“家探し”に世界中から温かな声援が寄せられている。

 米シカゴで保護されている7歳のロシアンブルーのミックス猫が、新しい飼い主を探している。

 ブルーノという名前のこの猫は、肥満ということを除けばどこも身体に問題はない。

 食べることとおしゃべりが大好きだというブルーノが、後ろ足だけで立つという“太っちょ”らしからぬ特技を披露した写真とともに、飼い主募集の広告がネットに掲載されると、たちまち時の人ならぬ時の猫に。

お腹がすいた時にこの体勢になるというブルーノ。立つことでよりぽっこりお腹が目立つ姿に「カワイイ!」といった声が殺到するとともに、ぜひ引き取りたいと要請する声も世界中から相次いでいるという。

そんなブルーノは現在、新しい飼い主が決まるまで、絶賛ダイエット中なのだとか。

好きかも
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません